獣医師と作る、ペット後見互助会。弁護士・行政書士等と協力して、遺産・遺贈・生前贈与・信託を活用し、犬猫を引き取り、新しい飼い主探し&終生飼育を行います。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

高齢者とペットの共生の現状‐遺産相続の状況(獣医師:奥田順之)

犬猫にいくら遺産を遺せばいいの? 犬猫を飼育していくためには、お金がかかります。万が一飼えなくなった時に、どの程度のお金を用意しておけば良いのでしょうか?単純に飼育費をベースに考えてみます。 犬の飼育費に関するデータはい …

ペットと高齢者の共生の現状(獣医師:奥田順之)

現在日本では、1844万頭の犬猫が飼育されていると言われています。一方、15歳未満の子どもの数は、1571万人。子どもよりも犬猫の人口の方が多い社会になっています。 少子高齢化が進む中、高齢者の数は増え続けています。核家 …

犬猫の飼育費として遺産を第三者に遺贈するための遺言書の書き方

犬猫の飼育費として、遺産を第三者に遺贈し、犬猫の飼育をしてもらいたいと考えた時には、遺言書を作成する必要があります。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類がありますが、この中で自分で今からすぐにでも …

高齢者とペットが共に暮らすメリット・デメリット(獣医師:奥田順之)

高齢者が犬と暮らす事のメリット 高齢者が犬などのペットと暮らすことは様々なメリットを生む。場合によっては、社会保障費の削減に寄与する可能性すらある。 高齢者が犬と暮らすことで、いわゆるアニマルセラピーの効果が得られること …

PAGETOP