【動物愛護週間(9月20~9月26日)に向けての企画開催】

岐阜市の“殺処分問題に取り組む動物保護団体と
余剰動物問題に取り組む獣医師による共同企画
『万が一飼えなくなった時、家族(ペット)を守るために』セミナー
9月18日13:30~岐阜市メディアコスモスにて開催

概要

岐阜市の“殺処分ゼロ”に取り組むHAPPY CHOICEでは、毎年数多くの飼育困難事例に遭遇しています。中でも、高齢者などが病気や入院で飼えなくなるケースの相談は毎年増え続けています。大切な家族でも、自分の身に何かあったら、万が一飼えなくなってしまうことは、全ての飼い主にあり得る話です。もし、飼えなくなって、誰も引き取り手がいなかったら…。“殺処分対象”となる可能性だってあります。本セミナーでは、万が一に備えるサポートを行っている、ペット後見互助会「とものわ」を運営する、NPO法人人と動物の共生センターの奥田順之獣医師を講師として、万が一に備え、ペット信託・遺贈の活用や、受け皿の確保の方法など、自分の家族を自分で守るための方法をお話いたします。

セミナー概要

名称:家族であるペットを守る「とものわ」勉強会
日時:9月18日(月・祝)13:30~14:30
場所:みんなの森メディアコスモス あつまるスタジオ
講師:獣医師 奥田順之
(NPO法人人と動物の共生センター理事長/とものわ代表)
主催:HAPPY CHOICE
協力:NPO法人人と動物の共生センター
※本事業は、岐阜市市民活動支援事業の採択を受けております。

【ペット後見互助会とものわとは?】
ペット後見互助会「とものわ」は、万が一飼えなくなった時でも、新しい飼い主にバトンタッチするための支え合いの会です。飼えなくなってから困るのではなく、飼えなくなる前から事前の備えを作っておくことで、動物が生涯幸せにと暮らせる仕組み作りを行っています。「とものわ」では、獣医師、トレーナー、老犬老猫ホーム、保護団体など動物の専門家と、弁護士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどの法律や相続の専門家が参加し、セミナーや個別相談による情報提供、終生飼育の契約作りや、飼育の受け皿の提供を行っています。