獣医師と作る、ペット後見互助会。弁護士・行政書士等と協力して、遺産・遺贈・生前贈与・信託を活用し、犬猫を引き取り、新しい飼い主探し&終生飼育を行います。

ご支援の流れ

  • HOME »
  • ご支援の流れ

ペット後見互助会とものわでは、会員が万が一飼えなくなった時に、互助会で引き取り、終生飼育をする支援をご提供しています。お電話による無料相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。

ご相談の流れ

①電話相談

まずは、お気軽にお電話にてご相談ください。現在の状況をお伺いし、どのような対応が可能か概要をお伝えいたします。電話相談は無料です。

②個別面談(対面orオンライン)

電話相談でご利用を検討されたいという方に対して、個別に面談をさせていただきます。具体的に動物の状況、飼い主さまの生活状況お伺いすると同時に、飼い主さまのニーズをヒアリングさせていただきます。犬猫に持病がある、問題行動がある、飼い主さまに特別な事情があるなど、様々なご事情の中で、万が一、飼えなくなった場合にどのように対応していくか、犬猫が最後までより良い福祉の中で生きるためにどのような対応が考えられるか、ご相談・ご提案させていただきます。対面の場合は、当方事務所に来所いただくか、こちらからお伺いいたします。

③緊急保護計画案の作成

個別面談でのヒアリングを元に、いざ、本当に飼えなくなった場合に、どのように連絡を受け、誰が、どんなタイミングで、どのように動物を保護することができるのか、検討します。緊急の保護については、かかりつけの動物病院や、トリミングサロンなど、近隣の事業者と連携して行うことを想定しています。それらの事業者と連絡を取り、協力をいただけるか話し合いを行います。最終的に緊急保護計画案を作成し、ご提案させていただきます。

④生命保険信託の他、飼育費用の授受計画案の作成

緊急保護計画案にご納得いただけた場合、飼育費用授受に関する計画を作成します。終生飼育契約には、100万円~(1頭あたり)の飼育費用をご用意いただいております。生命保険信託のほか、ペット信託、生前贈与、遺言を用いた遺贈などの方法がございます。これらの方法の中で、相談者様の事情に合わせ、適切な方法をご提案します。提案内容に応じて、サポートする専門家(行政書士やファイナンシャルプランナー)をご紹介いたします。

⑤契約内容作成・契約・入会

緊急保護計画案・飼育費用の授受計画案双方にご納得いただけましたら、それらを実行に移すための終生飼育契約を作成します。契約内容にご納得いただけましたら、契約・入会となります。入会には入会金50,000円+契約作成料50,000円が必要です。その後は月々1,000円(1頭当たり)の会費を納入いただきます。入会いただきましたら、万が一の事態が発生した場合に緊急保護をさせていただきます。

⑥万が一の際の犬猫の引き取りと終生飼育

会員の飼い主さまが、入院や病気などによって飼えなくなってしまった時には、緊急保護計画に基づき、連携する動物病院やトリミングサロンと連絡を取り合い緊急保護を実施します。その後、飼い主さまが再び飼育できる状態になりましたら、お返しに上がります。残念ながら再び飼育できない状態になった場合は、互助会が犬猫を引き取ります(所有権を移転します)。引き取り後は、犬猫が若齢で健康であるなど新しい飼い主を探せる状態であれば、新しい飼い主を探します。高齢などの理由で新しい飼い主が探せない場合は、老犬老猫ホームなどで、動物福祉を守り良き生を送れるように、終生飼育します。

tel
※ 電話相談(無料)は随時受け付けております。こちらの電話番号よりお問合せください。

ペット後見互助会「とものわ」の活動内容

高齢者とペットの共生セミナーの開催

15713147_1837827636506283_986892040_nもしも、自分が飼えなくなってしまう事態に備え、今何が出来るのか?もしもに備えるための知識を情報を提供しています。犬猫たちのための財産を遺す・託す方法と、犬猫たちが最後まで幸せに暮らせる受け皿の確保、具体的な方法論と選択肢をお伝えしています。各種講演も承っています。

講演例:平成28年度千葉県動物愛護セミナー「高齢者とペットの共生を考える」

ペットの飼育困難に備えるための個別相談

%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0どうしても犬猫を飼えなくなってしまうということは、家族・親族も関わる、家族の大きな出来事になります。もちろん、自分たちで飼い続けられるようにすることが第一ですが、独居や夫婦のみのご高齢家庭の場合で、ご家族に飼育を頼めない事情があることもあります。そうした場合には、犬猫の適切な引き取り先が必要となります。

それぞれのご事情をお伺いし、ご不安な点を整理し、対応策を検討し、コンサルテーションいたします。まずは、ご家族・ご親族の状況などをお伺いして整理し、将来的な引き取り先をどうするか、ペット後見互助会の仕組みが本当に必要かどうか、検討します。

例えば、一緒に入れる老人ホームがあれば、施設への犬猫の引き取りは必要なく、解決するケースもありますし、すでに飼育が難しくなっている場合には老犬ホーム老猫ホームをご紹介することで解決するケースもございます。それぞれのケースごとに、互助会システム以外の方法についてもご提案し、適切な選択ができるように支援いたします。

飼い主様も今は元気だけど、最期まで飼いきる自信がないという場合には、互助会のシステムをお勧めしております。いざ飼えなくなった時にどのような対応を希望されるかお伺いします。様々な条件によって、遺贈の活用だけでなく、ペット信託の活用、生前贈与の活用など、現実に即した選択肢がございます。また飼育の受け皿も、譲渡が良いか、老犬老猫ホームを活用したほうが良いかなど、それぞれの状況に応じて、飼い主様と一緒に考えていきます。

また、既に飼い主さまが亡くなられているなど、緊急的な保護が必要な場合については、個別に状況をお伺いし、可能な支援方法をご提示いたします。

まずは、お電話でお問合せください。

※TELにてご予約ください(058-214-3442)

ペット後見共同学習会の実施


月1回ずつ、ペット後見に関するZOOMによる、共同学習会を実施しています。

ペット後見には、動物保護団体、老犬老猫ホームや、トリミングサロン、ペットシッター、動物病院など、様々な団体が関わります。一つの団体だけでは限界がある問題も、協働することで解決することができ、全国でペット後見サービスを必要な飼い主さんに届けることができるはずです。

私たちは、ペット後見に興味のある全国の事業者が連携し、解決策を模索するコミュニティとしてペット後見共同学習会を立ち上げました。ペット後見共同学習会は「月1回の共同学習定例会」を開催し、日常的にコミュニケーションを図っています。

共同学習会ご参加はこちらから

犬のしつけ教室ONElife内 TEL 058-214-3442 受付時間 9:00-18:00 水曜日~日曜日(月火休日)

PAGETOP