飼えなくなったときに備え、愛するペットに安心を遺す準備について考えませんか?
 
超高齢化社会となった日本。ペットを飼っている高齢者が、自分の病気・入院などでペットを飼えなくなってしまう事態が多発しています。

本セミナーでは、もしも飼い主が飼えなくなってしまった時にも、適切な飼育先を確保し、動物たちが生涯幸せに暮らしていけるようにするための仕組み、人と動物の共生センターが運営している、ペット後見互助会『とものわ』の活動と、その他、ペットの将来を保証するために活用できる各種仕組みの活用方法をお伝えします。

・ペットを飼えなくなることに備えたいと考えている飼い主さん
・高齢者とペットの共生を支援したい方
へ向けての内容となっています
                      
お顔の見える距離で、お話ができればいいと思っています。
12月のいそがしい時期ですが、お誘いあわせの上お越し下さい。

セミナー詳細

開催日時

2018年12月10日
10:30 – 12:00

参加費

3000円
参加費は当日、受付でお支払いください。

場所

ハートフルスクエアG

主催

NPO法人人と動物の共生センター
岐阜県岐阜市岩地2-4-3
058-214-3442

セミナー内容

自分にもしもの事が起こったとき、あなたは、愛するペットに何を残してあげられるでしょうか?

4世帯に1世帯が65歳以上のみの世帯となっている日本。生活の活力として、動物を飼っている高齢者の方も少なくありません。しかし、保健所に所有権放棄される犬猫の3割~5割は飼い主の病気・入院・介護・死亡などによって発生しています。

動物と暮らすことはアニマルセラピーの効果もあり、心身に好影響を与えます。しかし、そのために動物たちの命が犠牲になる事は許されません。そこで必要になるのが、もしも飼えなくなった時でも適切な飼育先にバトンパスできるようにする仕組みです。その仕組みに必要なのは、飼育費用を滞りなく受け渡しすることと、信頼できる飼育先を探すことです。その2つの要素をつなぎ合わせるコーディネートをする仕組みが、ペット後見互助会です。

本セミナーでは、高齢者とペット飼育の現状を概観した後、ペット後見の仕組みについてお話いたします。「万が一自分が飼えなくなったらどうしよう」という声に応える、仕組みをご紹介させていただきます。ペット後見の仕組みの中では、どのようにして飼育費用を遺すのかという部分についてもお話します。

自分がもし意思表示できなくなった時に、ペットのための費用をどのようにねん出するかという部分が課題になります。もしものことがあれば老犬老猫ホームに預けようと考えていたとしても、仮に脳卒中などで倒れて、意思表示できない場合、あなたの資産を簡単に動かせる人はいなくなります。ましてや老犬老猫ホームに入るために必要な費用は年間数十万円に上ります。それだけの費用を遺しておくには、生前贈与・信託などの方法がありますし、遺贈を用いた互助会制度もその一つです。

同時に、動物の健康状態、しつけの状態に寄っては、老犬老猫ホームで過ごすよりも、新たな家庭に迎えてもらった方が良い場合も少なくありません。そうした判断をあなたができない時に、誰に任せるか?ということや、信頼できる委任先に任せるという意思表示をしておくことが大切になります。

自分が今後の飼育に不安を感じているという方も、周りにそうした不安を感じている人がいるという方も、いつ、飼えなくなる状態になるかはわかりません。是非、お越しください。

参加申し込み

下記申し込みフォームからお申込みいただくか、お電話、メールにてお問合せください。

申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/NBxbS2rK1x6RXAT42

TEL:058-214-3442
MAIL:info@tomo-iki.jp